<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ★情報の取り扱い:今日一日は自分の人生の凝縮 | main | 映画『グッド・ライ いちばん優しい嘘』 >>

新時代到来:藤井聡太、棋聖位獲得で初戴冠

藤井聡太七段が、タイトル初挑戦で渡辺明棋聖(棋王・王将)を破り、タイトル獲得しました。

【公式サイト】
藤井聡太七段、史上最年少でタイトル獲得!
(2020.7.16 日本将棋連盟)

 

今日が棋聖戦第四局というのをすっかり失念。
仕事からの帰り道に聞いた7時のNHKニュースでの速報で知った次第。

 

天才と呼ばれた渡辺明三冠からタイトルを奪ったところが素晴らしいです。
しかも、相矢倉を得意とする渡辺三冠に三局矢倉で戦っていずれも勝利。
そして、勝った将棋はいずれも相手の読みを上回っていて。
渡辺三冠が矢倉で三連敗、なんて過去無かったんじゃないでしょうか(特に番勝負では)。

 

どれくらい衝撃だったのかは、当の本人が率直に語っているので、そちらを見ていただいた方がよくわかるかと思います。

 

【参照記事】
棋聖戦第4局。
(2020.7.17 渡辺明ブログ)

 

負けた側がこんなに率直に語るのも珍しいとは思いますが…。
それくらい衝撃が大きかったんでしょうね。
「読み負け」という衝撃が。


今まで藤井さんのことは記事にしたことがなかったのですが(流行に追従することはしたくないので)、さすがに今日は…。
だって、あの渡辺さんを圧倒しての(しかも相矢倉3勝しての)タイトル獲得ですから。
将棋を知っている人は驚きますわな。

 

いよいよ新時代が到来した、という感がありますね。

 

docshin * 七転八起 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ