<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 医師になる前に読んでおきたい本 | main | 妻と食事 >>

映画『ビューティフル・マインド』

2001年製作/136分/アメリカ
原題:A Beautiful Mind
配給:UIP映画

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【映画.com】
ビューティフル・マインド

<Movie 20-08>
【しんちゃんオススメ ★★★★☆ 天才だからこそ?の苦しみと栄誉】

 

<内容>
天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、
やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。
ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの
伝記小説を映画化。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 


数学者や物理学者というのはいつの頃か宇宙に思いを馳せ、神の領域を求めていくのではないか、というのが私の仮説。
それが、時として、「病」という形で表現されることもあるように感じてます(個人の見解)。

 

天才数学者ジョン・ナッシュが見た幻覚は、あまりにもリアルで、論理的で、そして、なんとも空しいものでした。
それに気づいた妻の献身的支援と葛藤、病気とつきあいながら克服していこうとするジョンの苦悩と強靱な精神力が、たまらなく胸を打ちます。

 

ノーベル賞授賞式で彼が述べた論理を超えたスピーチ、そして、若い頃に望んでいた研究者の栄誉を最後に手にしたことが、彼の一生を表しているのでしょう。

 

見ているほうが、何が現実で何が幻想なのかわからなくなってしまいました。
ラッセル・クロウやジェニファー・コネリーの演技が魅力的で、凄すぎました。
歳を取るまでの二人の人物をよく演じきったと思いました。

 

現実世界の二人の人生はこんなにも美しくはなかったのかもしれません。
(一度離別し、妻が夫を引き取った後、再婚。86歳で交通事故に遭い二人とも死亡)
それを差し引いても、ノーベル賞授賞式まで至ったのは、二人の壮絶なる闘いの成果(愛)だったのは間違いないはず。

 

一度は観る価値がある映画だと思います。

 

docshin * 飛耳長目 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ