<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 時間管理のコツ | main | iOS 14 & iPad OS 14 >>

「CIAMS/シャムズ」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大していた頃、「なんだか急にその人らしくなくなった」人がいました。
一般の方々にもいましたが、医療従事者でさえ、そういう人がいたのです。

 

【参照記事】
COVID-19のせいで「その人らしくなくなって」ませんか
(2020.6.22 日経メディカル)


内科医の國松淳和氏がSNS上で提唱した
「CIAMS(COVID-19/Coronavirus-induced altered mental status:シャムズ)」
という概念。SNSで話題になっていました。

 

直接感染とは無縁にもかかわらず、攻撃的になったり、普段なら絶対に言わないようなことを言う、あるいは頑張りすぎてしまうなど、普段と様子の異なる患者、そして医療従事者を見かけるようになっていた。繰り返すが直接新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と接していないにもかかわらず、具合が悪くなっていたのだ。

 

「その人らしくなくなる」
まさに、その表現が的確。
私の周囲にも、そういう人がいました。

 

「SARS-CoV-2に感染しているわけでもないのに不定愁訴を訴えたり具合が悪くなっている人や、他者に不寛容になっている医療者」をみかけたら、まずは、「声かけ」をお願いしたいです。

 

過剰適応は真面目な医療者に生じやすい

ので、注意しておきましょう。
落ち着かないのであれば、一度は精神科医や心療内科医との面談が必要かもしれません。

 

docshin * 医学・医療 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ