<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人間ドックで受けなくてよい検査 | main | とにかく発信する >>

「時間を増やす」には「穴を塞ぐ」

時間がない。
だから、何とか「時間を増やそう」ともがくわけです。
しかし、もがいたところで、なかなか時間は増えてはくれません。
なので、さらに、もがく羽目に陥るのですが…。

 

【参照記事】
時間を増やす方法
(2020.5.4 シゴタノ!)


ある意味、目から鱗が落ちました。
そうですよね、増えないものはどうもがいても増えない。
24時間が30時間にも40時間にはならないのです。

 

よくよく自分の行動を観察すると(行動ログをとればよい)、ムダな時間があるわけです。
そのムダな時間(バケツの穴)が生じないようにすればよいのですね。
それはやむなく生じていることもあるし、ちょっと意識すればなくすこともできます。

 

ちょっと待って。
書いていて、ハタと気づきました。
ムダな時間が「やむなく生じている」ことが本当にあるのかと。
実は、それはすべて、自分の意識の問題なのではないかと。

 

ネットニュースやSNSを眺めている時間、おしゃべりしている時間、あるいは一度で済ませばよいことを何度も反復している時間。
そういった時間は、心がけ一つで改善されるものですよね。
心がけというのは、「自分の意識を重要なものにフォーカスする」ということ。

 

どういう時に、どんな風にして、どんな無駄な時間が発生しているのかを正しく把握しておくこと。
正しく把握できていれば、先手を打つことができます。

 

だからこそ、行動ログをとることが必要です。
それを利用して(手段)、明日の自分の行動を変えることです(目的)。
そして、そうやって確保した時間を「本当に自分がかけるべきもの」に投入するのです。

 

【関連記事】
★時間をかけるべきもの(2020.6.2)

 

docshin * 日進月歩 * 20:53 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ