<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ZOOMのリスク | main | COVID-19患者・疑い例の手術について >>

スピーチは短く

人前で話す機会が増加してきました。
しょうがないですけど。

 

若い頃いつも、お偉方の話が長くてうんざりしていました。
自分はああなるまいと思っていましたが。
人前で話す機会が増えるにつれ、本当に自分はできているのかと懸念。

 

【参照記事】
長いスピーチは嫌われる。「1分240字」で話す極意
(2020.4.1 日経ビジネスオンライン)


以下、抜粋。

・懇親会や宴会でのあいさつやスピーチというのは、開会の辞でもだいたい3分。乾杯や締めのあいさつは1〜2分が普通。
・文字数としては、1分でだいたい300字。
・まず、スピーチのときに原稿を見ないように、しっかりと暗記。
・お集まりいただいた方々の目を見ながら話して、アドリブを入れる。そういう時間も考えると、240字がちょうどいい。

 

参考になります。

 

docshin * 安分守己 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ