<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 部屋に籠もりきりで仕事 | main | 映画『翔んで埼玉』 >>

「投資時間」を増やすことが幸せに繋がる

時間とお金は同じですね。
お金を大事にしないと、先のこと(将来)が困ります。
逆に、使うときには思い切って使う。
その見極めがポイント。

 

【参照記事】
お金持ちは、時間を「先取り貯蓄」してる?
(2020.2.6 マイナビニュース)

 

時間にも3種類あるのだといいます。

・消費時間:生きるために必要な時間。
 睡眠、食事、家事など。

・浪費時間:自分の幸せに繋がらない、ムダな時間。
 飲み会、暇つぶしのSNSNなど。

・投資時間:未来の自分のため、自分が幸せになるための時間。
 趣味、教養、家族と過ごす時間、やりがいのある仕事など。

 

消費時間はなかなか削れませんね。
生きていくために必要ですから、必要最小限の時間は確保しなければなりません。

 

多くの時間を仕事に捉えていますね。
とすると、残る時間は限られています。
やらなければならない工夫は決まっています。
浪費時間を減らして、いかに「投資時間」を増やせるか。

 

この投資時間が大きければ大きいほど、自分の幸せ度はアップするはず。
そのためには、仕事を速く終わらせて、浪費時間を少しでも減らすこと。

 

単純明快。
ですが、それが難しい。
でも、難しいと言っていてはいつまでも変わらないので。

 

<これから>
投資時間を増やします。

 

docshin * 安分守己 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ