<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 頭の良さを決めるのは目的意識の持ち方 | main | 自分たちのイノベーション活動は生きているか? >>

今月のダイジェスト(2020年1月)

今月のキーワード:
2020年目標 手帳選び直し 変化を楽しむ すぐやる
目標達成のために 終わらせるために 手帳・メモの活用 ノート術
読書を仕事に活かす Agile(アジャイル) 高齢化と医療者負担
多様性 本の整理 深く考える ワークライフバランス

 

2020年目標
2020年という区切りのいい年らしく、できるだけのことを成し遂げたいです。

 

2020年手帳選び直し
急遽選んだのは、ANA手帳カバー。
中身はPILOT見開き2週間とA6ノート男のためのノート。

 

「変化を楽しめる」なら生き残れる
時代に必要なのは変化を楽しみ、自ら学び続けられる能力。

 

すぐやる
すぐやる:根本的に変える、集中、睡眠、シミュレーション、アップデート。
人間関係:Give、人脈、第一印象(表情・声)、気を遣わない。
仕事の極意:スピード、価値を与える、柔軟性、断らない、根回し。
習慣化:戦略、即断即決、目標達成のための手帳、朝時間の活用。

 

目標を達成するために
5分でも10分でも、ほんの短い時間でも必要なタスクをこなす。
プライベートで目標を達成するためのタスクをこなす時間を確保する。
やると決めたことをやる、つまり、行動する。

 

仕事を早く終わらせるために
整理整頓、人間関係を良好に保つ、逆算思考。
自分でなくてもできることはしない、一喜一憂しない、最初から全てを理解しようとしない。

 

手帳・メモの活用
夢や目標、やるべきこと、やりたいこと、アイデア、思いつき、今まで考えてきた思考の流れを書く。
それを活用する、日常や仕事の中で活かしていく。

 

ノート術
人が言ったことだけでなく、自分が感じたことも書く。
ノート1冊に、仕事もプライベートもすべての情報を書き込む。

 

読書を仕事に活かす
・教科書、基本書、成書:何度も読み返して自分のものにする。本にラインを引き、書き込みを入れる。
・学会誌、商業誌、ネット情報、講演など:役に立ちそうな箇所や名言はノートに書き取っておく。

 

“アジャイル”5か条
・繰り返す(Iterative)
・検証する(Empirical)
・組織横断的(Cross-functional)
・フォーカスする(focused)
・改善し続ける(Continuously improving)

 

患者の高齢化に伴う医療従事者の負担増
複合疾患の増加、介護度の増加、ポリファーマシー。

 

多様であること
「互いの違いを認めつつ、ともあれひとつの場所を共有する」
組織でもそうあってほしい。

 

本の整理法
マイブーム、参考資料、コレクション・インテリア、保存資料の4つに分ける。

 

深く考える
自分の中にいる「賢明なもう一人の自分」、その自分と対話すること。

 

ワークライフバランス
「帰ります」「いたしません」「生活に合わせた働き方」「充実したプライベート」
自分の生き方:なんのためにその仕事をしているのか、自分はどう生きるのか。

 

 

今月の読書:
尾藤克之『すぐやるスイッチ』
午堂登紀雄『深く考えるための最強のノート術』
山口周『読書を仕事につなげる技術』
田坂広志『深く考える力』

 

今月の映画:
『マスカレード・ホテル』

 

今月の交際:
講師と夕食
若手2名との飲食@福岡

 

<1月の計画>
☑年間計画、所信
・中期計画
・3ヶ月計画
☑発表(パネルディスカッション)
☑発表補助2演題
☑原稿執筆
☑査読
・当直体制
・ローテーション
☑読書:5冊 → 4冊

 

<2月の計画・予定>
・中期計画
・3ヶ月計画
・休暇
・卒業式
・当直体制
・ローテーション
・感染対策
・査読
・翻訳
・抄録作成
・抄録作成手伝い(4名)
・出張、セミナー受講
・読書:4冊
・映画:1本
・交際:4回

 

<ひとこと>
今月は介護に追われた月でした。
交際が減ると出費も少ないです(笑)。

 

1/1-1/31

Sum = 754:31

12/1-12/31

Sum = 738:10

回復的活動(第三領域) 377:01 (49%) 338:28 (45%)
業務 195:01 (25%) 232:36 (31%)
投機的活動(第二領域) 074:26 (  9%) 066:43 (  9%)
移動 062:56 (  8%) 061:34 (  8%)
生産的活動(第一領域) 029:39 026:35
享楽的活動(第四領域) 015:28 011:57

 

docshin * 一言芳恩 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ