<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 会議の妙 | main | 本の整理法 >>

多様であること

“One Team”
ご存知のように、昨年のラグビーワールドカップで活躍した日本代表チームのスローガン。

 

その大会を機に、至るところでそのフレーズを見聞きするようになりました。
気持ち悪いほどに。

 

【参照記事】
五輪で「全員団結!」しなくてもいい

 

 

「全員団結プロジェクト」というのがあるんですね。
初めて知りました。

 

こういう舞台で達成されるべき「オール・トゥゲザー」は、
「互いの違いを認めつつ、ともあれひとつの場所を共有する」
ということであって、
「全員がひとつの旗のもとに結集して、個々の自我を捨てて完全に一致する」
ということではない。

というのはその通りだと思います。

 

多様性を受け入れられないのですかね…。

 

多様な外国人が集う国際競技大会で、多様な日本人がそれぞれ多様な価値観に基づいて多様な楽しみ方をする

 

オリンピックのみならず、あらゆるイベントや組織でも、そうあってほしいものです。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ