<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 山口周『読書を仕事につなげる技術』 | main | Agile(アジャイル) >>

にごり酒

ぶりが手に入ったので、刺身で。
先日前のボスのお祝いでいただいたにごり酒と。

 

にごり酒。
これまで一回くらいしか口にしたことがないので、飲み方が…(苦笑)。

 

【参照記事】
甘くて濃醇?『にごり酒』っていったいどんなお酒?
(2018.4.27 KURAND)

「にごり酒」とは? 今さら聞きづらい、日本酒の基礎知識
(2019.1.14 たのしいお酒.jp)

 

目の粗い袋で酒を濾すことにより、白濁した「澱(おり)」が酒中に残ったものですね。

 

飲み方も参考にしました。

澱が下に沈殿しているので、まずは透き通った上澄み部分だけを飲みました。
普通のお酒ですね。甘口。

次に、瓶をゆっくり傾けながら、「澱」をよく混ぜあわせて飲みました。
濃厚でクリーミーな味わいですね。
個人的にはこちらのほうが好みです。

 

刺身醤油も甘めのものにしたので、いい感じでぶりもにごり酒も味わえました。

 

冬場は燗で飲んでみるのもおすすめ。35〜40度程度ならマイルドな甘味をたのしめ、50度まで熱するととろみが増す

ということなので、試してみます。

 


 

 

docshin * 七転八起 * 23:59 * comments(0) * - * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









このページの先頭へ