<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 若手1との会食(懇親会19-63) | main | 「どんな医療であっても…」という思い >>

いいものすべてを取り入れない

今年飛躍した若手の一人が、女子プロゴルファー渋野日向子選手。
全英オープン優勝で一気にブレイク、賞金ランク2位という素晴らしい成績でした。
そんな彼女のプレーについての解説記事。

 

【参照記事】
いいものすべてを「取り入れない」。
少ない武器を磨いて使った渋野日向子“プロ1年目”の成長戦略

(2019.12.2 みんなのゴルフダイジェスト)


・教わった内容を練習し、コースで試して「あ、できた!」という成功体験を地道に積み重ねてきた
・スウィングの根幹部分に影響が出るような動きを伴う技術は、あえて「教えない」という選択をした
・本質的には「ひとつの武器を磨いた」
・その練習量で「ひとつの武器を磨く」ことで、基本のピッチ&ランは、それひとつで十分に戦えるレベルにまで達することができた

 

これは、他の領域にも適用できる話です。

 

現場で成功体験を積み重ねる
一つの武器を磨く
敢えて「教えない」

 

基本に忠実に、それを守り抜く。
それを基礎に、伸ばして応用する。

 

哲学と明確な方針がなければついつい目移りしてしまいます。
背骨をしっかりと持つこと、ですね。

 

参考になりました。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ