<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今月のダイジェスト(2019年10月) | main | 上阪徹『プロの時間術』 >>

仕事を減らすために

業務時間をいかに減らすかは、いかにムダを省けるかにかかっているように思います。
では、どのように仕事を効率化すればいいのでしょうか。

 

【参照記事】
仕事時間を減らす「効率化」の超基本ルール
(2019.6.10 東洋経済オンライン)


もっとも効果が出るのは、書類(紙、デジタル)なのだそうです。

1.「毎日捨てる」を習慣にする。そして、収納場所を設けない
2. 読んだらすぐにスキャンして捨てる
3. プリントアウトとコピーを禁止する
4. あらゆる書類はA4 1枚にまとめる


1.毎日捨てる
私もそうしていますが、心配なこともありますよね。
『「超」整理法』にあったように、私はバッファーを設けています。
以前は半年分、最近は書類が増えたので3ヶ月分のものが、一つの袋に入れられて残っています。
3ヶ月経過すれば破棄。

 

2.読んだらすぐにスキャン
保存したいものだけスキャンしたい。

 

3.プリントアウトとコピーは禁止
プリントアウトはしたくない。
コピーはできる限り電子媒体でもらいたい。
ちなみに、今日原稿依頼の文書が送られてきましたが、返事は葉書で出せと。
編集者のメールアドレスが書かれているのに、わざわざ葉書!?
(そう思っているからなのか、投函し忘れました)

 

4.書類はA41枚にまとめる
そういう時間ももったいないですけどね。

 

とにかく、必要なもの以外は保存しない、というのが原則です。

よくわかっているはずなのに、私の机上や本棚は…

 

docshin * - * 22:17 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ