<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 同窓会:講演会・懇親会・二次会(懇親会19-56) | main | 今週のダイジェスト(第43週) >>

Dropbox から iCloud へ:問題点が一つ。

現在、私が利用している電子機器は、
MacBook Air、MacBook Pro、iPad Pro 12.1、iPad Pro 9.7、iPhone 11、Apple Watch 4。
すべて Apple 製品。

 

そういうことであればiCloudでもいいのではないかと思った次第。
長年クラウドは Dropbox を利用してきましたが、iCloud も最近はだいぶ改善されてきたようなので。
そうやって iCloud への移行を考えていた矢先に、Dropbox利用料金値上げの知らせ。
これは「乗り換えなさい」という指令だな、と思い、思いきって乗り換えに。

 

Dropboxを解約し、iCloud 50GB を予約。
Dropbox Plus プランは年額 12000円ほど。
iCloud 50GB は月額130円ですから、年に1,560円です。
実は、妻もDropboxを利用していますが、それもいずれ iCloud にする予定。
200GB でファミリー共有すればいいので、月額400円、年額4,800円。

 

なんでこんなムダなことをしていたのだろう、と今ごろ…。
もっとよく考えるべきでしたね。

データ移行に時間がかかっていますが、何とか終わりそうです。

 


iCloud で問題があるとすれば、データ管理法の点だけ。
各ディバイスでデータ共有するために「書類」(データ)はiCloud に上げることになります。
ということは、データはそこにしか存在しません。

 

Dropbox の場合には、クラウドとパソコンのディスクが同期するカタチだったので、ローカルにもデータを置けました。
iCloud のようにクラウド上だけにデータがあると、常時接続の環境がない場合やインターネットトラブルが発生した場合、ファイルにアクセスできなくなります。

 

実は、これは大問題なのではないかと思っています。
ネットアクセスできないのは十分にあり得る話だからです。
飛行機の中とか、学会会場の中とか、もしかしたらホテルの室内とか。

 

仕事で使用中のファイルのみ、Dropbox に戻そうかとも考えています。
アクセスする機種が3台に制限されますが、MacBook 2台が同期できれば何とかなりそうなので。

 

docshin * 電脳煩悩 * 21:38 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ