<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オライリー・ジャパン『エンジニアのための時間管理術』 | main | お悩み相談会(懇親会19-54) >>

某獣医から受けた刺激

以前から、とある獣医さんから動物の病状についての相談にのっていました。
大変すばらしい方ですが、このたび転勤ということで挨拶に見えていました。

 

以前相談にのっていた動物のその後の経過を詳細に報告していただきました。
ほとんど人間と同じような病気になり、同じ様な薬剤を使用するのです。

 

もっと驚かされたのは、この方の医療と実践と学問に対する探究心。
日本で初めての全身麻酔下手術をしたり、これまで適当に処理されていたような病態の原因を明らかにしたり。
とにかく、その姿勢には感嘆せざるを得ませんでした。

 

翻って、自分はどうなんだろう、と考えさせられた瞬間(とき)でした。
自分に甘えていないだろうか。時間をムダにしていないだろうか。
そこを律すれば、もっとできるんじゃないだろうか(今大したことはできていないし…)。

 

そういうことを考えさせられながら、話を伺っていました。
もう少し、自分自身を見直さなければ。

 

もっと壮大な夢を持ちながら、転勤するようです。
その方なら、きっと夢を成就することでしょう。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ