<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 猪瀬聖『仕事ができる人はなぜワインにはまるのか 』 | main | 若手1との懇親会・慰労会(19-44) >>

「仕事大好き人間」

「働き方改革」の号令の下、4月に働き方改革関連法の一部が施行されました。
大企業の残業時間の罰則付き上限規制と、年5日の有給休暇の時季指定付与が義務づけられました。
医師など一部の業種は、2024年まで猶予期間が設けられています。

 

【参照記事】
残業大好き昭和上司が「残業するな」という不毛
(2019.8.12 プレジデントオンライン)


「仕事大好き人間」
いますよね、どこにでも。
特に、我々の業界には多数いるのではないでしょうか。

 

仕事が終わらずやむなく残る人。
容態が気になってしょうがなく残る人。
そして、残るのが好きで残る人、あるいは、仕事が大好きで残る人。


最後の人たちの、「仕事が楽しくてしょうがない」という言葉は本当です。
本当に好きなんです。
何しろ、日曜日にでも弁当片手に職場にやってくるのですから(笑)。

 

この方々にとっては、残業でも何でもないのです。
ほとんど「趣味」なんです。

 

でも、ですよ。
でも、第三者から見れば、仕事をしていることに変わりはありません。
そうすると、他人的にはやはり「残業」なのです。
規制対象。

 

その良し悪しは別にして、こういう方々をどのように残業規制するかは難しい問題。
本人が好きでやっていることを奪うな、と言われかねません(苦笑)。

 

いい方法があれば教えていただきたいものです。。。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ