<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 学生時代に受けるインパクト | main | 読書しよう、文章を書こう、一箇所に整理しよう >>

共感で人を動かす

会社と社員が「縦の関係」ではなく「横の関係」で結ばれている。

新しい時代の組織のあり方を考えるいい機会です。

 

【参照記事】
メルカリが目指す「いつでも辞められるけど働き続けたい会社」
(2019.5.31 日経ビジネスオンライン)

 

以下、気になった点(ポイント)を抜粋します。

 

  • 今後、社会の中で「横の関係」は確実に浸透していくでしょうし、そのような社会の変化に企業が対応しないと、これからは「働く場」として選ばれない
  • このような社会の変化を、採用活動や組織の考え方も反映させてきた
  • 「縦の関係」ではない社会があって、そうではない働き方を求めている人も増えている
  • 個人にだって十分な力があるのだから、会社と社員が対等でフェアな関係を結んでいく
  • 唯一約束しているのは、ここに成長できる環境があるということ
  • 未来永劫、ずっと一緒に働こうと約束してはいませんが、従業員にとって魅力的な場所であることは約束しますし、それなければ誰も働いてくれない
  • 働く人に選ばれる会社でありたい
  • 社員はいつでも自由に辞められるけど、辞めることはない。
  • 富が生まれたなら、みんなで分かち合う
  • 難しい仕事が与えられて挑戦できることや、仕事にやりがいがあること、チームメンバーが尊敬できて成長できる環境があるなど、自分が会社に人生を懸ける意味があることが重視されている
  • 難しい課題を設定し、僕らのバリューでいう「Go Bold―大胆にやろう」な挑戦ができる環境を提供すること。それが社員の働きがいにつながっている
  • 社員に何かが起こった時でも状況が悪くなることがないように会社がサポートする。基本的にはチャレンジすることを前提に、社員が思い切り能力を発揮できない事情については会社側がサポートする
  • 今の時代の企業と個人の関係を、きちんと突き詰めて考えて、一番いい方法を模索している
  • 会社側が制度で社員を縛るのではなく、魅力を高める。
  • 現代のように個人が力を持った時、どんな企業であっても、無理やり従わせることは難しくなっていく
  • 強制力ではなく、共感で人を動かすこと
  • 自分たちの共感の軸をどこに置くべきか、「うちはこの共感で人を動かす」というスタイルが明確にある

 

やりがいがある環境、成長できる環境。
Give & Share。
人生をかける意味があるか。
共感で人を動かす。

 

若い人は、そういうものを求めています。

それが実現できるところは、活力があります!

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ