<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週のダイジェスト(2019年第27週) | main | これから求められる思考・行動様式 >>

好き、かつ、得意なことをやる

同窓会・同期会。
月日が経ち、わかったことがあります。
みんな、それぞれに、好きなことをやっていますね(笑)。

 

好きなことをやれたのであれば幸せだと思います。
でも、この仕事は「好き」というだけではやれないでしょう。
「好き」以上のものがなければダメです。

 

「好き」というだけなら、私にも好きなものはあります。
例えば、野球。
例えば、音楽。
じゃあ、野球や音楽を仕事にするかというと、そういうことにはなりません。
なぜなら、それだけの技術を備えていないから。

 

じゃあ、技術さえあれば、仕事ができるのか。
野球ができたとしても、プロ野球選手にはなれません。
楽器や歌唱ができたとしても、プロのミュージシャンにはなれません。
そういう領域を目指している人より優れてはいないから。

 

そう、何かしら「得意なもの」がないと、ダメなんだと思います。
得意なものがあるから、他の人から依頼があります。
得意なものがあるから、給与をいただけます。
得意なものがあるから、他の人といっしょに仕事ができます。

 

でも、何十年とその仕事を続けていくなら、やっぱり楽しく働きたいですよね。
楽しく働くためには、「好き」でなければなりません。

 

「好きなこと」X「得意なこと」

を仕事にできるなら、それは「幸せ」を感じるかもしれませんね。

 

同期のみんなを見ていて、そういうことをしている人が多いなと感じました。

 

docshin * 安分守己 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ