<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 地頭の良さ | main | Apple、「macOS Catalina」そして「iPad OS」発表 >>

時間の活性化を図る

移動時間に何をするか。
これはずっと悩んでいる課題です。

 

私の場合には通勤を含めほとんど自動車での移動ですが、
せいぜいラジオや音楽を聴く程度。
ニュースや Pocdcast を聴くこともあります。
運転中なのでそれ以外のことはほとんどできません。

 

その次に多いのが飛行機での移動。
最近まで、飛行機の中では本を読んでおけばいいのだと思っていましたし、実際そうしていました。

 

しかし、飛行機の中の読書って読んでいるようで読めていないというか。
確かに文字を追ってはいるけど、頭の中に残らないというか。
つまり、脳が活性化していない状態。

 

【参照記事】
一日5時間の通勤時間を活性化するための意識のありよう
(2019.04.16 lifehacking.jp)

 

「これから移動時間中に考えること」

 

そう、移動時間中は脳を活性化するために、考えることが必要ではないかと思い始めているのです。
脳の活性化、それはつまり、時間の活性化だと。
脳の活性化とは集中力だとも言えます。

 

何を考えるのか。
それを準備して、乗り込まなければ時間をムダにしてしまいます。
何事も、事前準備が必要。

 

docshin * 安分守己 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ