<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週のダイジェスト(2019年第22週) | main | 時間の活性化を図る >>

地頭の良さ

地頭が良いとわかる人たちがいます。
話していてよくわかります。

地頭とは何か。
常に物事を新鮮な目で捉え、考え続ける能力
と説いています。

 

【参照記事】
地頭が良い人には、「苦手な人間」がいない理由
(2018.12.14 Forbes Japan)


これこそが、これからの「変化の時代」に求められるもの。
同感です。

 

記事には、

地頭の良さとは、生まれつきのIQの高さや幼い頃からの教育によるものではない、

とありますが、私個人は、

おそらくは、子どもの頃からの教育と経験がベースとなり、自分なりの学習も加わってできあがっているもの、と考えています。
そこには、謙虚な態度で学ぼう、とする姿勢が欠かせないはず。

 

とはいえ、これから地頭をよくすることができないわけではありません。
記事にはそのコツが記載されています。

 

・苦手な相手と自分との共通点を考える
・フットワークが軽い

地頭の良さとは、物事を、複数の視座から考え続ける習慣

 

どんな相手であっても、何かしら共通する点があるもの。
どんな経験であっても、何かしら学ぶべき点があるもの。
どんな時間であっても、何かしら楽しいときがあるもの。

 

そういう風にものごとを捉え直せば、新しい発見があるものです。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ