<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今週のダイジェスト(2019年第21週) | main | 2019年5月グループ懇親会(懇親会19-25) >>

学校教育を変えられるか?

学校教育を変えてみせる、と意気込んでいます。
すごい。

【参照記事】
ホリエモン(堀江貴文)×成毛眞「これからの『教育』の話をしよう」
君たちはこれからどう学ぶのか

 

今後の教育は変わらざるを得ない。

 

それは私も同感です。
今のままじゃダメ。

 

なのに、いまだに0校時だの、7校時・8校時だのやってる学校があります。
そんなに詰め込んでどうするのって。
講義形式は最低の教育スタイル、というのが今の常識ですよ。
そういう教育をやっているから、記事の彼らに馬鹿にされちゃうんです。

 

医療も同じ。
記事に出てくるような話にも、私は完全同意です。
そんな風に変わっていくことは容易に想像できるじゃないですか。

 

そんな話をしたら、私の後輩が、
「AIがいくら発展しても、診断は付けられません」
と宣いました。
私より二回りも若い奴がそれを言う!?

 

画像診断や病理診断はAIにはまだまだ無理、と言っている人たちもいます。
"今は"まだ無理かもしれませんが、数年後にはかなりの精度になっているでしょう。
10年後には人間の診断能力を完全に追い越しているはずです。
10年前に今のAIの姿が想像できました?
人間の頭脳をとっくに超え始めているんですよ!?

 

そんな時代に、人間がやる仕事は何があるのか。
人間だからこそ、できる仕事は何か。
そういうことを考えさせるのがこれからの教育のはず。

 

今の学校教育、一番時代遅れになっているのかもしれません。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ