<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 中谷 彰宏『なぜあの人は整理がうまいのか』 | main | 今週のダイジェスト(第31週) >>

理想形:プロフェッショナルとしての姿

目標設定を行う。
多くの人はそれを行っているはず。
私も、少なからず、そうしています。

 

でも、大概は、数値目標だったり、期日までの目標だったり。
いや、達成するには、それでもいいんです。

 

ただ、プロフェッショナルとしての目標とは何か。
一度はそれを考えてみてもよいのかもしれません。

 

【参照記事】
 自分だけに分かる目標(田坂広志 風の便り 第148便)

 

理想形

一人のプロフェッショナルとしてめざす
自分にとっての理想の姿。

数字の「目標」を達成する。
周囲の「評価」を獲得する。

それは、理想形を求め続ける人間にとっては、
「結果」にすぎない。


もっと上手くなりたい。
もっと・・・。

 

自分しかわからない世界…。

 

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ