<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週のダイジェスト(第21週) | main | 有川真由美『「時間がない」を捨てなさい』 >>

モニカ・ルーッコネン『マイタイム』

なかなか自分の時間を持てないでいる人への良書。
妻へ買ってあげた本ですが、私が先に読んじゃいました(笑)。

どんなに忙しくても“マイタイム”を持つことの大切さとその方法についての書。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方
モニカ・ルーッコネン
ディスカヴァー・トゥエンティワン ( 2018-04-12 )
ISBN: 9784799322543

<18-018>
【しんちゃんオススメ ★★★☆☆ 忙しいときほど自分の時間を持つ】

<目次>
はじめに

1章 自分をもっと大切にする “マイタイム"のつくり方
1 ちょっとだけわがままになってみる
2 忙しいときこそ自分を大切にする
3 「やりたいことリスト」をつくる
4 自分の時間の使い方を検証する
5 すき間時間を“マイタイム"にする
6 朝を“マイタイム"にする
7 夜を“マイタイム"にする
8 “マイタイム"もスケジュールに入れる
9 子どもと一緒に“マイタイム"を楽しむ
10 仕事に対する姿勢を変える
11 柔軟に働く
12 自分の人生をコントロールする
13 「ここまでやればOK」の基準を決める
14 “マイタイム"について家族と話し合う
15 まわりの人と助け合いながら

2章 自分を再発見する “マイタイム"の楽しみ方
16 ざっくりとした予定をつくっておく
17 日常的にエクササイズをする
18 たっぷりと休養をとる
19 自分の趣味を持つ
20 2人以上で過ごす
21 パートナーとのカップルタイムをつくる
22 友人を忘れずに
23 ミニ瞑想で心を整える
24 大切にすべきものについて考える
25 将来について考える

3章 家事と育児は完ぺきを目指さない
26 ピカピカな家にすることより大切なこと
27 家事はファミリー総動員
28 家事はスケジュール表で管理 
29 買い物は一週間分をまとめて
30 毎日ちょっとだけお片付け
31 たまには、お金を払ってプロにお願いする
32 “マイタイム"のための保育環境を確保する
33 頑強なサポート環境をつくる
34 家事も育児も他人と比べない
35 不必要な罪の意識にさようなら

おわりに
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


マイタイムに何をするのか。

 

自分がいちばんリラックスできること、
自分にとって意義あることをすればよい

 

という。そのメリットは、

 

1. 充電できる
 家庭や仕事から離れることによって、個人としての自分を見つめ直したり、
 将来を考えたりすることができます。 
2. 自己啓発ができる
 新しいことを学んだり、人と会い交流したりすることによって、
 新たな視点を得たり、成長することができます。
3. 健全な人間関係が保てる
 家族や職場だけでなく、友人や知人と絆を深めることができます。 
4. より健康になれる
 エクササイズや散歩によって、より健康になることができます。 
5. よき親、よきパートナー、よき社会人になれる
 実はこれがいちばん大切なことなのですが、
 “マイタイム”はあなたに健全な精神をもたらし、その結果、
 家族に優しくなれたり、仕事のパフォーマンスが上がったり、
 社会的な関心を保てたりするのです。 

 

忙しいときほど自己管理が大切。

 

1. 日常的な運動
2. 十分な睡眠
3. バランスの取れた健康的な食事

 

大切なのは、そうしたいという強い願望と決意であり、
自分の人生を上向きに健康的にしたいという強い想い

 

私たちは(少なくとも、私は)、時感ができると、
つい、あれもこれもやってしまおうと考えがち。
でも、そうではなくて、

“自分にとって” 一番大切なこと、リラックスできること

をやるべきなんですよね! そのとおりです。


それを踏まえながら、
「ちょっとだけわがままになってみる」
のもいいかも。

 

docshin * 飛耳長目 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ