<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』 | main | 適度な負荷と休息 >>

羽生善治「永世7冠」達成!

今日は、これしかありません。

 

【参照記事】
 羽生善治が竜王位を奪回し、史上初の「永世七冠」の資格を獲得
 (2017.12.5 日本将棋連盟 将棋ニュース)

羽生善治(47歳)が12月4日・5日(月・火)で行われた第30期竜王戦第5局で、
渡辺明竜王に勝利し4勝1敗で竜王位を奪回いたしました。
羽生は今回の竜王位獲得で通算7期の獲得となり、
「永世竜王」の資格を得ました。
永世竜王を獲得したことにより、
史上初の「永世七冠」の資格を得るという快挙を成し遂げました。


すごい! のひと言です。

それ以外の言葉が見当たりません。

 

いろいろな記事で、「前人未踏」という言葉が散見されましたが、
まず、この偉業を達成する人は出てきません。
将棋の世界を知っている人なら、納得いただけるでしょう。
それくらいにすごい記録です。

 

今回の竜王獲得で、これこそ前人未踏のタイトル獲得数99回目。
いよいよ、来年度100回に挑戦です。

 

すごいです。 すごすぎます。

 

2008年の羽生-渡辺「初代」永世竜王をかけての対戦
(渡辺が3連敗から4連勝で逆転防衛)は
忘れることのできない衝撃でした。
将棋界タイトル戦史上初の3連敗からの4連勝でしたから。
誰でも羽生が勝ったと思いましたからね。

 

2010年の再戦では再び渡辺が防衛。
以来羽生は挑戦者になれず。
私は9割以上永世竜王を諦めていました。 
まさか、羽生47歳で渡辺から竜王位を奪取して
永世竜王を得るとはね! 信じられません。


で、それでいて、竜王戦後の記者会見で述べた言葉がこれですから…。
爪の垢を煎じて飲みます。

将棋そのものを本質的にどこまで分かっているのかといわれたら、
まだまだよく分かっていないのが実状です。
これから自分自身が強くなれるか分からないけど、
そういう姿勢というか気持ちを持って次に進んでいけたらと思います。

 

docshin * 日進月歩 * 22:21 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ