<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 池澤 夏樹『知の仕事術』 | main | あれから14年… >>

サミュエル・スマイルズ『向上心』

 心を豊かに育てる

それが本書のメッセージ、と受け止めました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

向上心 (知的生きかた文庫)
サミュエル・スマイルズ
三笠書房 ( 2011-05-21 )
ISBN: 9784837979494

<17-026>
【しんちゃんオススメ ★★★★★ 心を豊かに育てる】

<目次>
第1章 自分を大きく育てる
――何が自分の精神・知性を成長させるか
1 自分にとって何が最高の人生なのか!
2 生きることを存分に楽しむ法
3 どんな人も味方にしてしまう「包容力」
4 心の爛屮薀ぅ鵐畢瓩鬚ろしてはならない

第2章 個性を磨く
――いつも自分に誇りが持てる生き方
1 自分の人生を動かす「原動力」
2 人生のどんな場合にも通用する万能の「パスポート」!
3 強い「磁力」を持った人たちの生きざまに学ぶ
4 犒菽蚤┝孫圻瓩鯔困譴襪福
5 この「使命感」が人を大きくする!

第3章 自分を生かす働き方
――日々、精一杯働いているか、やりがいはあるか
1 一つの仕事に通じれば人生万事に応用できる
2 本物の実力者は「実務能力」の持ち主である
3 楽しんで働くから爐いせ纏瓩できる
4 心の鍛え方しだいで「日々の迷い」は簡単に吹っ切れる
5 自分の中の「未知のエネルギー」を掘り当てる!
6 「沈黙は金」の本当の意味を知る
7 この爐海世錣雖瓩ない人に満足な仕事はできない!

第4章 見識を高める
――「人生の教え」をいつ、どこから学びとるか
1 けっして裏切らない猝菊鵑陵Э有瓩箸
2 人生の教えをどこに読みとるか
3 「最高の人生」を切り開く最良の刺激剤

第5章 よい人間関係をつくる
――つき合う相手を糧に自分を成長させているか
1 「心くばり」を軽く見てはいけない
2 この狄瓦け瓩あれば、世界がもっと広がる!
3 相手の「人間性」をどのように見抜くか
4 人生の質・大きさは「友人」で決まる
5 きびしい生き方と説得力
6 「才能」は情熱を得て花開く

第6章 人を動かす
――自分の信念に命をかけられるか
1 強く秘めた狄念瓩鮖って立つ!
2 易きにつかず、流されず
3 爛灰韻琉貲悪瓩棒犬る人の強さ、すばらしさ
4 実力にまさる「保証」はない!
5 人生という「畑」で、経験という「種」をいかに実らせるか
6 最高の「幸福」をもたらす生き方
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 ・自分を育てる 精神・知性

  ・「他人の幸せを願うことはとりもなおさず自分の幸せを求めることである。」 プラトン

  ・寛容 包容力

  ・平静 冷静沈着

  ・忍耐

  ・選択の自由 意志と行動

  ・思いやり

  ・明朗

  ・愛と希望

 ・見識を高める =書物を読む

 ・人間関係

  ・心くばり

  ・礼儀

  ・人当たりのよさ

  ・素直 誠意

  ・他人の人格を 尊重すること (心くばり)

  ・他人の長所を 認めて賞賛する

  ・善良な人と 付き合う

  ・機転がきく

 ・働き方 自分を生かす

  ・仕事は、行動力あふれる人格を養う

  ・道徳的資質

  ・臨機応変な対応

  ・仕事は、人格形成に役立つ教師

  ・忍耐と自制心

  ・実務能力

  ・「賢者の口は心にあり、愚者の心は口にある」 ソロモン

 ・個性を磨く

  ・★良心 人格を支える

  ・謙虚

  ・原則に基づいた行動

  ・誠実

  ・★人格 人生を動かす「原動力」 財産

  ・努力

  ・よい習慣

  ・自制心

 ・人を動かす

  ・自分の信念に 命をかけられる

  ・博愛の精神

  ・易きにつかず、 流されず

  ・現実を踏まえ ロマンに生きる

  ・決断→行動

  ・情熱 →勇気と不屈の精神

  ・自分の頭で考え信念を築け!

  ・人生とは 他人の幸せを 願って働く場所

 

 

docshin * 飛耳長目 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ