<< October 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 電子書籍の落とし穴 | main | Lightning - VGAアダプタ >>

Lightning - VGAアダプタ

iPad mini と iPhone 5 を手にした私。
二つの点を除き、何も文句はありません。
その二つとは〜

1.Lightning - VGAアダプタ

これまでの iPhone や iPad では、Apple製「30ピンDock VGAアダプタ」を利用してVGA端子に接続。
そこから液晶プロジェクターに iPhone や iPad の画面を投影することがで来ました。
Keynote アプリを使えば、スライド表示も可能でした。

ところが…。

今度出た iPad mini と iPhone 5 では、新たな "Lightning" という端子が採用され、従来の周辺機器が直接接続では使用できなくなってしまいました。
そこで、Apple は「Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/A」を発表。
これを介して、従来の周辺機器を使えるようにしたのでした。

私もこれを同時購入しようと思っていましたが、価格が高いので躊躇。
しばらくしたらサードパーティ製の安いものが出という噂を聞きつけ、待ち態勢。
11月中旬になり、いよいよ発売されたようなので、購入しようとしたところ…。

な、なんと!

この Lightning - 30ピンアダプタ を介して液晶プロジェクターに接続しても投影できない、というではありませんか〜 @_@


【参照記事】
 iPad miniなどは「Lightning - 30ピンアダプタ」経由で「30ピン - VGAアダプタ(Dock)」の使用ができないことが判明(め〜んずスタジオ)

 
私がやりたかったことは、まさにその記事にあるようなこと。
つまり、iPad mini を使ってプレゼンテーションをしたかったのでした。
それができないなんて…。今までの周辺機器やケーブルはどうなるの…。
買い換えろ、ということみたいです。。。

【Apple Store】
 Lightning - VGAアダプタ
 
【参照記事】
 Lightning対応アダプターに新製品 HDMI出力やSDカードリーダー(ITmedia)
 
4,400円って、高すぎ…。う〜む、高いなあ…。

【参照記事】
 iPad miniの画面を出力するVGAアダプタは教える現場で活躍するはず(教える人のネターノート)
 
そ、そういうことをしたいわけですよ。


2.iMandalArt

iOS 6 にしたら、WEEKセル中の日付ごとやASAのセルがコピペできなくなってしまいました。
まいにちつかっているアプリなので、早く対応してほしいですね。
でも、それよりも何よりも、iPhone でも iPad mini でも使えるように、早く iCloud 対応になってほしいものです。
切に願っています。

docshin * 電脳煩悩 * 22:57 * comments(0) * trackbacks(0) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ