<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅立ち、それは、新たな出会い | main | 基幹型研修病院の激変緩和措置廃止 >>

医師国家試験合格発表とその後

本日、第104回の医師国家試験合格発表がありました。
新卒者の合格率は92.8%、既卒者を加えた全体では89.2%だったようです。
合格者の方々、本当におめでとうございます。
ダメだった方々、しばらくの間は大変かと思いますが、来年度へ向けて頑張ってください。

4月からうちで研修を予定している学生さんは全員合格でした。
4月1日からの研修開始へ向けて、準備開始です。

ところで、今日は3月29日。
研修開始は、4月1日。
その間、2日間しかありません。
これって、あり得ます??

卒業しても、医師国家試験に合格しなければ、臨床研修を開始できません。
医師免許がないのですから、当然です。

自信を持っていた人はいいとして、合否ぎりぎりで不安だった人や、自信はあったのに禁忌肢を踏んでしまった人たちは、前もって自分のマッチングした病院のある地へ向かうことはしないでしょう。
つまり、合格発表の翌日に移動を開始するわけです。
2日間で、1日からの研修開始に備える・・・これっていったい・・・。

もっと悲惨なのは、3月下旬からオリエンテーションを開始している病院の研修予定者で、国家試験に不合格だった人。
みんなと一緒にオリエンテーションを受けながら、発表の後にはその病院から去っていく、なんて、惨いことが起こっています。
こんなことがあっていいのでしょうか?


学生にとっても、それを受け入れる病院にとっても、国家試験の合格発表から研修開始までは少なくとも1週間の猶予期間はほしいと考えているはずです。
現在の発表日を5日前倒しすればいいだけのこと。
なぜ、それができないのでしょうか。

嫌がらせとしか思えない!?
はたまた、そういうことに関して鈍感!?

来年度からは、改善措置が施されることを心から願っています。

docshin * 日進月歩 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(1) * 昨年の記事

<関連あるかも記事>

コメント

コメントする









トラックバック

今年こそ本気で試験に合格しませんか?

昨今、日本は資格の社会と言われています。 もちろん、専門的な資格は学校で学ぶしか...
From 元祖無知の知 @ 2010/04/04 5:07 PM
このページの先頭へ